Call Us: 089-941-3770   /   mt.manabiya.tetra@gmail.com  /  愛媛県松山市湊町4丁目12-10 5階

検索
  • てとら

高校卒業?高卒認定?何が違うの?




高卒認定は、文部科学省が主催する国家試験で、正式な名称は高等学校卒業認定試験(以下、高卒認定)といいます。高校卒業と高卒認定取得の大きな違いは、『高校を卒業した』のと『高校卒業と同程度であると”認定”された』という点です。


▶高校を卒業した場合

高校で決められた教育課程の全てを終了すると、高校卒業の資格が与えられます。卒業という言葉には、「すべてを終了する」という意味があります。

卒業式には教育課程を修了した証として卒業証書を授与されます。

最低でも3年通学する必要があり、学歴は高卒です。


▶高卒認定取得の場合 認定に必要な8科目(最大で10科目)を受験し、合格すると高校卒業程度の学力があると認められます。

以前は「大学入学資格試験制度」として、大学入学を前提としていましたが、現在では、大学進学だけではなく、就職や資格試験取得の際(※)にも利用できるようになりました。

最短で1年で認定取得が可能です。高校卒業の資格はないので、この先進学をしない場合、学歴は中卒となります。

(※)資格試験によっては、4年制大学の○○学部卒業や、実務経験△年以上など、受験に必要な要件が設けられていることがあります。その場合は、必要要件を満たさなければ受験はできません。



このような違いはありますが、進学や就職の際には、どちらも同等であると扱われます。

自分の目標ややりたいことと照らし合わせて、高校卒業を目指しても良いですし、高卒認定を目指しても良いわけです。

高卒認定は16歳以上で大学入学の資格を持たない人ならだれでも受験可能です。現役高校生も受験できます。ちなみに、高校入学も入学年度終了時点で16歳以上であれば年齢制限はありません。(学校によっては年齢制限有)



当教室では、高卒認定の取得、高卒認定取得後の進学、資格取得をサポートしています。

初回のご相談は無料です。

お気軽にご相談ください。